ALT/英語指導助手

最近多くのAETが組合に加入してきています。そのうちいくつかのとりくみを紹介します。

ALT(英語指導助手)問題

公立学校で英語指導をする外国人労働者を取り巻く問題に取り組んでいます。

AETとは生きた英語教育が必要とされることから、各学校にネイティブの英語教員に授業の補助をしてもらうプログラムです。文部省や自治省が行っているJETプログラムだけでは、とうてい需要に追いつけないために、各県市町村独自で、ALT(Assistant Language Teacher)を導入しています。

 ところが、最近大きな問題が出てきました。ひとつは、県・市町村が雇用して数年後に、一方的に解雇するケースが増えたことです。解雇の理由には、「新しい先生が必要」「日本語が上手になりすぎた」など考えられないこともいわれます。二つには、民間英会話業者から派遣でALTを受け入れていることです。これは労働者派遣法に違反しており、文部省も各県教委に適切な雇用を指導していきました。 しかし、多くの市町村教委は指導に従わず、偽装委託契約を結んで、派遣を受け入れています。

 ALTはその名前が示すように「助手」になっており、日本人英語教員の補助の仕事をすると位置づけられています。しかし、ネイティブの教員が英語教育において、ネイティブでない日本人教員の補助をするとはおかしな具合です。だから、ALTではなくNET(Native English Teacher)あるいはNLT(Native Language Teacher)の呼称がふさわしいと思われます。ただ、このページにおいては、問題があることも含めてALT問題としています。

尼崎市ALT

準備中

お待ちください。

芦屋市ALT

準備中

お待ちください。

神戸市KATE

準備中

お待ちください。

伊丹市ALT

準備中

お待ちください。

ページトップへ戻る

Copyright(c) 2014 EWA All Rights Reserved.